札幌 NPO法人 希望寮:「悩んでいる方」の自立支援する団体です。
希望寮:電話:011-768-7371

 NOP法人 希望寮

ネットカフェ難民・ホームレス・出所者・家出・訳あり・お困りの方

「手持ちのお金が100円しかない」「家賃が払えず行き場が無くなる」「外での生活からなんとか抜け出したい」「もう一度、頑張ってみたい」「わけあって家を出てしまったが、行き場所がない」など、救いを求める声が希望寮には寄せられます。希望寮はNPO法人として衣・食・住・職、そして自立するための支援活動を行っています。

 希望寮で「もう一度、頑張ってみたい」方へ

 

どうにもならない状況になってしまった方、今の生活から、「もう一度頑張って何とか自分の生活を取り戻したい」と考えている方は、希望寮へご連絡をください。

スタッフが、あなたの置かれている状況、考えていることをしっかりと受け止めて、
まず、衣・食・住を支援します。そして自立するために必要な「職」に関しても一緒に見つけましょう。

ご連絡をいただいた後の流れ

面 談 >> 希望寮の施設の見学 >> 入居手続き >> 生活スタート

 希望寮での生活上のルール

 

希望寮での生活は共有設備の利用もあります。他の人に迷惑をかけないよう
基本的な生活上のルールが定められていますのでご案内いたします。

・近隣近所および建物内の住人に対し騒音・異臭・社会一般的な問題となる
 行動は避け十分な配慮を心がける。
・冷蔵庫、洗濯機等の共同設備に関しては、名前を記入するなどして各自で
 管理するものとする。
・食事は原則3回とする。食器等は各自で洗い決められた場所に返却する。
・生活上、困ったこと発生した場合には、すみやかに相談する。
・正業に就くまでは、当施設で斡旋する仕事を原則として行うこと。
・各自、整理整頓する。並びに共用部分の清掃も率先して行うこと。
・貴重品の管理は各自で行うこと。万が一、盗難等の被害に遭っても当施設では
 一切の責任は負いません。
・環境維持のため、敷地の清掃や除雪を行うこと。
・ボランティアの要請があった場合、原則協力すること。
・入居者同士の口論、喧嘩が発生したり目撃した場合は、速やかに職員に知らせること。
・外部訪問者は家族・親せきのみとします。外部訪問者の入室に関しては事前に
 職員の許可をとること。
・外出の際は、ホワイトボードに行き先・帰宅時間を記載し、21時までに帰宅すること。
・ゴミ出しは規則にそって指定された袋で分別して、指定された場所に出すこと。
・自転車やバイクは指定された場所以外には絶対に止めないこと。
・他の入居者や職員と会った際には、挨拶をすること。
・暴力団員などの反社会的な者との交友関係は持たないこと。

・睡眠時は必ず消灯する。
・食事時間 朝:8:00~9:00 昼:各自 夜:18:00~19:00
・飲酒する場合は一人で各自の部屋のみとする。
・清掃:毎週月曜日
・住人の人権を尊重する。

※2012年4月改定版

不明な点などがございましたら遠慮なくお問い合わせ、ご相談ください。

お問合せ:電話:011-768-7371、問い合わせフォームへのリンク